お恥ずかしい話ですが、トヨタ自動車系の部品会社であるフタバ産業は元役員の不祥事や身の丈を超えた設備投資が重なり、2009年ころから危機対応モードに入っていました。トヨタから送り込まれた三島康博・前社長が再建に当たり、昨年にはトヨタから約100億円の追加出資が決まりました。私の就任で、リカバリーは一段落です。これからは前を向いて、収益力を磨く段階に移ります。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1204文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「新社長の独白」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。