介護事業はこれからますます必要になるものです。2025年には団塊の世代が後期高齢者になり、需要は一段と大きくなっていきます。日本の中では数少ない成長産業と言ってもいいでしょう。