「科学技術で社会に貢献する」という社是にある通り、島津製作所は最先端の技術開発に並々ならぬこだわりを持っています。ただ、せっかく開発した分析装置をどう活用していくのかという発想は希薄でした。