カネボウ化粧品で社長を務めたのは、産業再生機構の下で事業を再生するという重要な時期でした。その後、ウエディング事業大手のテイクアンドギヴ・ニーズで、経営立て直しに参加しました。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1165文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題