カネボウ化粧品で社長を務めたのは、産業再生機構の下で事業を再生するという重要な時期でした。その後、ウエディング事業大手のテイクアンドギヴ・ニーズで、経営立て直しに参加しました。