三井物産時代、穀物や畜産といった川上の事業に長く携わってきましたが、その時から川中や川下にも強い関心がありました。食に関わる者として、最終的には人の口に入るものを扱ってみたいと思っていました。