アイドル、プロレス発電所も

 「契約者は発電所の個性を評価し、選んでくれるのでやりがいがある」。ヨーグルト工房発電所を運営する一般社団法人八王子協同エネルギーの加藤久人代表理事はこう話す。こことは別に八王子市内の福祉施設にもソーラーパネルを設置し、契約者に手作りのジャムやせっけんをプレゼントしている。

 みんな電力と提携する発電事業者は小規模だが、ユニークなところばかり。11月にはミュージシャンの小林武史氏が運営する太陽光発電所が新たに加わった。小林氏がプロデュースを手掛けるMr.Children、一青窈といったミュージシャンの曲をダウンロードできる特典の付与を検討している。

 「アイドル発電所」や「プロレス発電所」などの企画も進行中だ。前者はアイドルとチャットでやり取りできる権利の付与、後者では提携発電所で作った電気を流す「金網電流爆破デスマッチ」の開催などを企画している。

<b>奇抜なアイデアを形にし、閉鎖的な電力業界を変えようとしている大石英司社長</b>(写真=的野 弘路)
奇抜なアイデアを形にし、閉鎖的な電力業界を変えようとしている大石英司社長(写真=的野 弘路)

 「電気には色も形もにおいもないため、安ければいいという発想になりがちだが、工夫すれば特徴を出せる。エネルギー問題に興味はなくても、アイドルやプロレスのファンはいる。そんな“無関心層”を取り込んでいきたい」。みんな電力の大石英司社長はこう語る。

 みんな電力は大手電力会社との提携ももくろむ。例えば、電力会社が所有する水力発電所は現在、環境負荷が小さいにもかかわらず、石炭火力など他の発電所の電気とともにパッケージ化され、同じ価格で取引されている。

 大石社長は「発電所がある地元の観光とセットで打ち出せば、多少高くてもそこの電気を買いたいという人は出てくるはず。地域貢献に力を入れていることを伝えられ、電力会社の企業価値を上げることができる」と強調する。

 小規模発電所のネーミングライツ(命名権)を企業に売り出す企画も動き出した。11月には、アディダスジャパンが命名権を取得した発電所から同社が協賛するアート展に電気を供給することが決定。現在は約60カ所の提携発電所をさらに増やしていく考えだ。

 凸版印刷でコンテンツ事業を担当していた大石社長が起業したのは、2011年のこと。きっかけは、その3年前に電車で見かけた女性がカバンに付けていた携帯型のソーラー充電器だった。ちょうどその時、携帯電話のバッテリーが切れていた大石社長は「この女性からだったら高くても電気を買いたい」と考え、電気に特徴を付けるビジネスを思いついたという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り908文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。