膨大な手間と職人技の粋を集め、国内最高峰の革素材としてブランド化に成功した。顧客の要望に合わせて革の質感や色味などを自在に変化させることで、安価な大量生産品と一線を画す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り522文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2016年11月14日号 128~129ページより目次

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。