膨大な手間と職人技の粋を集め、国内最高峰の革素材としてブランド化に成功した。顧客の要望に合わせて革の質感や色味などを自在に変化させることで、安価な大量生産品と一線を画す。