AR(拡張現実)などの分野で実用化が期待される「空中映像」の技術を手掛ける。シンプルな装置や広い範囲から見られる点が特長で、自動車関連などでも応用が期待されている。

(写真=岡崎 利明)

 何もないはずの空中にタンポポの綿毛の映像が浮かぶ。指で触れると左右に振れながら綿毛が散っていく。ピアノの鍵盤が映ると、今度は触れる度に音が鳴る。光学機器メーカーのパリティ・イノベーションズ(京都府精華町)が開発した投影機による「触れる空中映像」だ。

 投影機の下にスマートフォンを差し込むと、画面が空中に浮かび上がって見える。装置内に組み込んだカメラが指の動作を認識し、空中に映し出された映像を触ることで、スマホのタッチパネルも操作できる。

 パリティの前川聡代表取締役はもともと、総務省所管の国立研究開発法人、情報通信研究機構に所属。生体信号などの研究を専門としていたが、立体映像を記録する「ホログラフィー」に興味を抱き、空中映像の研究に取り掛かった。

 そして、2006年に主任研究員として特許取得に関わったのが、空中映像用の光学素子だ。前川氏はこれを「2面コーナーリフレクタアレイ(DCRA)」と名付け、実用化を目指して2010年にパリティを設立した。

 DCRAは、直角に組み合わされた1辺の長さ数百マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の微小な鏡2枚のセットを、数十万個以上並べた板状の光学素子。上の図のように、元の物体から出た光は2枚の鏡に反射し、DCRAに対して面対称の位置で結像する。凸レンズや凹面鏡で映す映像と違ってゆがみが生じない。また微小な鏡を使うことで光線が誤差なく集まるため、映像がぼやけにくい。

 前川氏は「鏡に映った世界を、鏡の中に入って見られるような装置だ」と解説する。3次元映像を立体的に空中に投影することも可能だ。

続きを読む 2/3 素材探しに10年苦心

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2278文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。