2016年4月の電力小売りの全面自由化を契機に、家庭向けの料金比較サイト事業を拡大してきた。英国で研究したAIを使うデータ解析の技術を活用。企業の電力需要の予測サービスにも乗り出した。

AIで需要予測の精度向上
●6月に買収した英SMAPエナジーの技術者がAIを活用してデータを解析。電力の需要予測の精度を高めている
(写真=竹井 俊晴 )

 家庭向けの電力小売市場が自由化されて1年半が過ぎた。「当社の携帯電話の加入者は電気代がお得になります」「ガスと電気のセット割はいかがですか」。こうした勧誘を受けたことがある人は少なくないことだろう。  だが、様々な新電力が乱立する中で、どの会社のどのプランを選べばいいのか、悩む人も多い。そんなニーズに応える電力料金プランの検索事業を提供するのが、2015年に設立されたエネチェンジ(東京・千代田)だ。

 「初年度は2万986円節約できます」。エネチェンジの電力料金比較サイトは、郵便番号や世帯人数、在宅状況、電気の使用量などいくつかの項目を入力すると、乗り換え後の節約額を含む複数の新電力のプランが提案される。

電力量を予測し、差額を計算

 入力した世帯のデータを基に、これから使う電力量を予測。その予測値を大手電力と新電力の料金プランに当てはめて、差額を予測する仕組みだ。