「スキー場の再生請負人」と呼ばれる企業がある。長野県白馬の岩岳、八方尾根などで8カ所を運営。夏や秋でも楽しめる「マウンテンリゾート」に転換することで、国内外からファンを呼び込んでいる。

四季を通して楽しめる仕掛けを充実
10月初旬に白馬で開業させた北アルプスを見渡せるテラス()。夏や秋に楽しめるスリリングなアトラクション()も人気

 「想像以上にすごい景色」「山に手が届きそう」。冬のスキーで有名な長野県・白馬岩岳の山頂付近。10月初旬に開業したテラス施設「ハクバ マウンテンハーバー」に足を運ぶと、来訪者からそんな声が聞こえてきた。北アルプスの絶景が迫り、雪山と紅葉が同時に望める。開業した10月6日からの3連休で、約4500人を集めた。

 運営するのは日本スキー場開発の子会社、白馬観光開発(長野県白馬村)。「夏秋シーズンで1日平均1500人の来場は過去にないことだ」と同社の和田寛社長は手応えを語る。雪がある冬に営業するイメージの強いスキー場を、夏や秋でも楽しめる施設に変えて集客するのが、日本スキー場開発の戦略。同様の施設を他に2カ所開業させている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1973文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。