電気を必要としない保冷剤による冷凍・冷蔵輸送という従前のやり方に着目。保冷剤の性能を向上させ、保冷容器と組み合わせシステム化したことで新たな商機を呼び込んだ。