スタートアップは星の数ほどあれど、成功できるのは一握り。ではせめて挑戦のチャンスを。新興企業に大企業の経営資源を活用する道を開き、飛躍への第一歩をサポートする。