多くの個人にとって最大の借金が住宅ローン。借り換えた方が得であることが多いが、借り換え率は低い。その借り換えを診断して最適化し、必要な手続きを代行することで、サービスの利用件数を伸ばしている。

電話で借り換えを相談
住宅ローンの借り換えでどれぐらいのメリットが出るかを相談できる。相談は金融機関での勤務経験を持つスタッフなどが担当
(写真=北山 宏一)

 「いま住宅ローンを借り換えたら、支払総額が500万円低くなりますよ」。東京・大手町のビルにあるコールセンターでは、住宅ローンの借り換えに関する相談電話が鳴る。

 MFS(東京都千代田区)が提供するのは住宅ローンのマッチングサービスだ。顧客が抱える住宅ローンの内容を基に、他行に借り換えたら、ローンの支払額がいくら削減できるかを診断し、借り換えに必要な手続きを代行する。借り換えが成立したら、削減額の10%を成功報酬として受け取る。顧客にとっては、住宅ローンの削減効果を得られるだけでなく、金融機関との面倒な交渉なども行わずに済む。