飛行機の上級クラスの座席や空港の特別ラウンジをイメージした宿泊空間を提供する。「安くても、狭くてくつろげない」というカプセルホテルのネガティブな印象を拭い去り、急成長する。

余裕を持たせた空間
●空港の特別ラウンジのような洗練された内装にこだわり。カプセルホテル特有の窮屈さを感じさせない空間設計も魅力
(写真=大槻 純一)

 「出張の際によくファーストキャビンを利用する。カプセルホテルとは思えないお洒落(しゃれ)な内装と手ごろな価格が気に入っている」。6月下旬にカプセルホテル「ファーストキャビン京橋」(東京・中央)を訪れた関西在住の32歳の会社員はこう話す。

 建物は大通りから1本入ったところに位置し、周囲にはオフィスビルや店舗がひしめく。4月に開業したばかりで、客室数は238と同社最大の規模。ファーストキャビンは大都市や空港に計13店舗を展開している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1897文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。