簡単に外せないことを突き詰めたナンバープレートの盗難防止ネジが売れている。元公務員の社長が開発したネジはテロ対策のニーズにも合致し、用途を広げている。

簡単に外せないネジ
ナンバープレートの取り付け後、ネジ頭にある六角形の穴を別の部品で埋めてしまうことで取り外しにくい構造になっている

 元公務員の社長が作ったナンバープレートの盗難防止ネジがヒットを続けている。神戸市に本社を置くユーロックテクノパーツの「JCCロック」だ。

 一般的なネジは、ドライバーやレンチを使って締めたり緩めたりする。それに対してJCCロックはそうした道具では外すことができない。ユーロックテクノパーツの竹中福康社長は、「盗まれたナンバーが別の車両に取り付けられ、犯罪に使われるケースが続発している。ナンバーを再発行する手続きが煩わしいこともあり、盗難を防ぎたいというニーズがあると考えた」と語る。

 JCCロックの価格は、前後2つのナンバーを留めるネジが入ったセットで1080~1620円ほど(税込み)。2015年は33万セットを販売し、2016年は36万セットの販売を見込んでいる。

盗難防止ネジの需要が高まっている
●売上高とナンバープレート用ネジの販売セット数の推移
続きを読む 2/3 カー用品店を経てネジの開発へ

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2130文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。