LED(発光ダイオード)照明が放つ光の要素を調整することで生育する野菜の甘みやうま味を引き出す。山口大学発の照明開発ベンチャーは、各地で建設が進む植物工場の強力なパートナーになろうとしている。

 「もっと甘みの強いリーフレタスを作れませんか」

 「それならば赤系の光を強く調合してみましょう」

 山口宇部空港からクルマで約50分。山口大学農学部内に本社を構える大学発ベンチャーのアグリライト研究所には、植物工場の関係者が頻繁に訪れ、冒頭のような会話が交わされる。

照明で野菜に甘み
赤系、青系、緑系のLED照明を組み合わせ、野菜の糖度や塩味、アミノ酸量を調整する

 同研究所が手掛けるのは、オーダーメードのLED(発光ダイオード)照明。光の強さや色の波長などを細かく調整し、生育する野菜の味や形、歯ごたえなど細かい要素まで制御できる。

 園山芳充社長は「これまで植物工場の照明といえば、安く多くの野菜を生産するための道具と見られていた。当社の技術では野菜の品質に個性が出せる。ファンができる野菜作りをサポートしていきたい」と話す。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1802文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。