スマートフォンやタブレットの普及で、遠隔診療がより身近なサービスになろうとしている。熊本地震の際には、医師が被災者の健康相談に応対し、威力を発揮した。