山奥にある小学校跡地で、地元密着ベンチャーがウナギの養殖に乗り出した。林業で出た端材でいけすの水温を保ち、稚魚を放流し、資源と環境に配慮した養殖業を目指す。

(写真=菅野 勝男)
グループの主力は木材加工事業
エーゼロをグループ会社に抱える、地元密着型企業である西粟倉・森の学校は間伐材などの加工事業を主に手がける
体育館育ちのウナギ
飼育期間が通常より長く、一尾ごとのサイズは大きい。かば焼きにすると、肉厚でもっちりとした食感となる(写真=菅野 勝男)

 ニホンウナギは漁獲量が減少、さらに稚魚も国内外で不漁に陥り、国際自然保護連合(IUCN)に絶滅危惧種と区分されている。そんな中、岡山県発の地元密着ベンチャー、エーゼロが持続可能な養殖を目指し、一歩を踏み出している。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2052文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。