安全・丈夫を売りにしてきた脚立の老舗メーカーがデザインにフォーカスした製品で躍進している。高級ブランドやホテルから引っ張りだこになっており、モノづくりを学ぼうと、若者も門をたたく。

製品ごとに設計を最適化
鉄などの重い金具を極力使わないことで、従来製品と比べて30%の軽量化を実現

 「世界の直営店舗で採用したい。ただ、表面に革を貼ってもらえないか」。2017年春。米ニューヨークの展示会で、脚立メーカー、長谷川工業(大阪市)の長谷川泰正社長はこんな注文を受けた。相手はフランスの高級ブランド、ルイ・ヴィトンのパリ本社の責任者だった。