ゴミとして捨てられていた卵の殻を原料にしたスポーツ用の白線などの商品を次々に開発。天然素材で、安全性が高く、環境にやさしいといった特徴が支持され、利用が拡大している。

卵の殻を砕いて再利用
卵の殻を乾燥させて粉砕(左下)。スポーツ用の白線として再生する。「天然素材で安全性が高い」と語る下浩史社長(上)
(写真=上・左下:菅 敏一)

 カキーン。ピッチャーの球を打ったバッターが、1塁に向かって「白線」沿いを勢いよく走っていく。野球でよく目にするシーンだ。サッカーやテニス、陸上競技などでも使われる白線は、かつては消石灰(水酸化カルシウム)を使っていた。だが、目に入って障害が起きたり、皮膚がかぶれたりする問題が頻発。最近は、炭酸カルシウムなどの代用品に置き換えられている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2088文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。