1万人の消費者がウェブ上で新商品を生み出す新サービス「Wemake」を手掛ける。大手メーカーが次々に利用し始めた。企業内部だけで議論する時代は終わった。