「1本1000円」という歯ブラシの常識を超えた値付けにもかかわらず、一度使ったらやめられない利用者が続出。歯磨き粉を使わなくても歯がツルツルになる革命的な高級歯ブラシは、夢見る発明家の試行錯誤から始まった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2240文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「フロントランナー 小なれど新」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。