スマートフォンを使って手軽に飲食代の割り勘精算ができるサービス「paymo(ペイモ)」を開始。法規制や習慣という高い壁を乗り越え、日本で個人間電子決済の定着を狙う。