40年前よりは改善したが、約15年前から鉄道の通勤ラッシュは緩和されていない。独自アンケートによって、新たな「痛勤」の課題が明らかになった。諦めるのはまだ早い。痛勤緩和は、働く人の生産性の向上にもつながるはずだ。