少子化が進み、大きな成長が見込めない学習塾業界。そんな逆風下でも教育出版大手の学研ホールディングスがM&Aにまい進する。地域に根ざした地方の進学塾を次々に傘下に収めて描く活路とは──。

兵庫県南部で有数の進学塾である「エディック」。同地域が地盤の創造学園の親会社は、学研ホールディングスだ

「ここはテストに出るのでかなり重要だよ!」

 神戸市西区にある進学塾の「エディック学園都市校」。講師がこう強調すると、約30人の生徒たちがすかさずノートにペンを走らせた。

 エディックはこのあたりでは有名な進学塾だ。運営するのは神戸市に本社を構える創造学園。1966年に個人塾として創業し、今では明石市や加古川市など兵庫県南部を中心に展開する。社名と同じ「創造学園」という名称の塾なども合わせると、校舎数は50以上。進学実績は抜群で、同地域で公立トップ校の長田高等学校に毎年100人超の生徒を送り込むという。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5625文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。