イノベーションを活性化しようと、モノやサービスを創造する“ゼロイチ人材”を求める声が高まっている。一方で、同調圧力の強い旧来の学校や会社が、そうした人材の芽を摘んでいるといった指摘は尽きない。居ても立っても居られない一部の起業家や教育者らが、草の根の取り組みを始めている。