現金が欲しいときに下ろせない「現金難民」が地方の課題になりつつある。地域経済の低迷や長期化する低金利による収益悪化をうけ、金融機関がATM削減に動き始めたからだ。キャッシュレスが喧伝されても、日本の決済はなお現金が主流。ATMを補完する新たな手段は定着するか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3759文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題