田中金脈問題に端を発する1975年からの政治改革で、「政治とカネ」にメスが入った。その後、橋本龍太郎が政権を握り、首相の権限強化を柱とする統治改革を進めた。小泉、安倍。「決める首相」は誕生したが、「強すぎる首相」への警戒感も出ている。