入社した会社を退職してから、その後、復帰する「出戻り」社員が増えている。企業も転職や進学など自己都合退職者も受け入れ、“超即戦力”として期待する。とはいえ、まだまだ終身雇用の慣習が色濃く残る日本。出戻り社員を生かすにも工夫が必要だ。

<span class="fontBold">パナソニックグループの一員として「出戻り」したシフトールの岩佐琢磨CEO。</span>(写真=吉成 大輔)
パナソニックグループの一員として「出戻り」したシフトールの岩佐琢磨CEO。(写真=吉成 大輔)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6469文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。