外国人労働者の門戸が広がり、新しい段階に入る。政府は、人手不足が深刻な分野で単純労働者の受け入れを拡大する方針だ。日本に不慣れな外国人や採用企業を支援するサービスも広がってきた。

東京・お台場の回転ずしチェーン店、とっぴ~で働くネパール人のスタッフ(写真=村田 和聡)

 東京・お台場の大型商業施設、ヴィーナスフォートで今年3月、「北海道海鮮市場寿司 とっぴ~」がオープンした。運営するHIRホールディングス(北海道・札幌)にとって、関東エリアの1号店。ここで同社は初の試みに踏み切った。店内で働くスタッフの大半を、外国人留学生から採ることにしたのだ。