2014年に12兆8000億円に国内市場規模が拡大した消費者向けEC(電子商取引)。だが、成長に伴い、模倣品販売やカード詐欺などの問題も深刻化している。消費者をいかに守るか。EC関連企業と、成長分野に巣食う闇勢力との攻防をリポートする。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り7307文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題