8月5日。スカイマークの債権者集会直後、ANAホールディングス(HD)取締役の長峯豊之は、会場となった東京地方裁判所の隣にある弁護士会館に姿を現した。向かったのは5階の待合室。スカイマークの大口債権者である航空機リース会社CITの首脳が長峯を待っていた。2人は笑顔で握手を交わした。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3051文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。