民事再生法の適用申請から8カ月後の9月29日、スカイマークの新体制が立ち上がった。無謀な拡大路線の呪縛が消えた現場には、自らの手で再成長を夢見る明るさが芽生えている。だが、思惑が異なるインテグラルとANAの狭間で、社員の再生への活力は維持されるのか。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り193文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。