現在、北方領土に赴く手段は1つだけ。年に数回、実施されている「ビザなし交流」の枠組みを使う。この際、使用されるのが北海道・根室港から出航するビザなし交流の専用船「えとぴりか号」。船で約3時間半の国後島古釜布で入域手続きを取り、さらに択捉島・紗那までは約8時間かかる。