AI(人工知能)が人間の仕事を代替する社会が現実のものになろうとしている。子供たちをAI時代でも求められる人材に育てるためには、どんな教育が必要なのか。親世代が受けてきた教育は、もはや時代遅れになっているのかもしれない。リクルート出身で、「教育改革実践家」として活動を続けてきた藤原和博氏。高校の英語教師で、アクティブラーニングを授業で実践している山本崇雄氏。2人の対談から、学校教育にとどまらない、これからの人材教育に必要な視点が見えてきた。