小泉純一郎元首相の主導した「郵政民営化」の開始から、10月で10年が経過する。官業を効率化し、日本経済の一助とする理想から、懸け離れた現実が目の前にある。国民の財産でもある日本最大級の企業グループをむしばむものの正体とは。

(写真=郵便ポスト:DAJ/Getty Images、西川氏:読売新聞/アフロ、斎藤氏・坂氏:時事、西室氏・長門氏:北山 宏一)

 「終わったな」。6月上旬、日本郵政関係者は、そう言ってため息をついた。

 価格など諸条件が最後まで折り合わず、野村不動産ホールディングスの買収が不発に終わったためだ。それからおよそ2週間後、交渉終了を知らせるリリースが正式に公表された。

一度も増収になったことがない
●日本郵政の売上高(経常収益)と純損益の推移

 交渉が始まったのは昨年9月ごろ。元総務次官の鈴木康雄上級副社長が自ら乗り出すなど、さながら“総力戦”の様相を呈した交渉は結局、実を結ぶことはなかった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3199文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。