キャリアが独占してきた携帯電話市場に異変が起きている。格安で通信・音声サービスを提供する事業者が急増。異業種からの参入も相次ぐ。端末メーカーも巻き込んで競争は激化。早くも淘汰を指摘する声が出始めた。