貸出金残高の伸び悩み、低金利で利ザヤ確保が難しくなっている地方銀行業界。再編機運は高まるが、「自力での生き残りは可能」と鼻息の荒い地銀も少なくない。脱・銀行を目指したり、特殊な金融サービスに注力したりと、個性に磨きをかけている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5646文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。