GMS(総合スーパー)がいよいよ存亡の危機に立たされている。衣料や日用品の低迷に拍車がかかり、頼みの食品さえ競争力が低下している。日本にGMSは必要なのか。そんな議論を払拭すべく、再生の糸口をつかめるか。