社員向けに語学研修をいくら充実させても、英語への苦手意識はまだまだ根強い。そこで企業は通訳アプリや機械翻訳などITに活路を見いだそうとしている。工夫次第で、外国語が苦手でも世界を相手にビジネスができる時代が近づいている。