「鴨川の水、双六の賽…」。平安期、白河上皇が意のままにならないと考えた気象。1000年後の今、ITの進化によってほぼ正確に予測することが可能になった。気象予報のビジネス活用という巨大市場が生まれ、異業種からの参入が相次いでいる。