注目を集める「空飛ぶクルマ」の開発で実用化に最も近いと目されるベンチャー企業。創業者は、祖国・ベトナムを離れ米国に亡命したかつての「ボートピープル」だった。起業の目的は金もうけでも成功でもない。人の役に立ちたい。そのいちずな思いだ。

<b>3月に実施した飛行テストの様子。6月のテストでは10kgの水をぶら下げて飛ぶことにも成功した</b><br /><b>8つのプロペラの回転数を調整してバランスを取る</b>(上の写真)
3月に実施した飛行テストの様子。6月のテストでは10kgの水をぶら下げて飛ぶことにも成功した
8つのプロペラの回転数を調整してバランスを取る(上の写真)

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4121文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。