GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用が壁に突き当たろうとしている。リスクを取る資産構成に変えて約3年。株高で利回りは上がったが、振れ幅も増した。株・債券の運用の難しさからオルタナティブ(代替)投資に突き進むが、課題は山積みだ。

(写真=安倍氏:UPI/amanaimeges、黒田氏:ZUMA Press/amanaimages、トランプ氏:Sipa USA/amanaimages、下:読売新聞/アフロ)

 「この値上がりはおかしい。だが、空売りをしても下げないかもしれない……」

 独立系ヘッジファンドのファンドマネジャー、原田謙介氏(仮名)は、名古屋鉄道の株価がするすると上がっていくのを見て、いったん空売りを仕掛けようと考えたが、結局思いとどまった。「株価上昇の原因はGPIFなど公的資金の買いだろう。売り向かうのは得策ではない」(原田氏)と見たからだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5920文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。