4月1日に始まった電力小売りの全面自由化。「家庭も自由に電力会社を選べる」という触れ込みだったが、契約切り替えはわずか1%。派手な広告合戦にもかかわらず盛り上がりに欠けた陰には、3つの問題があった。