2月に12カ国によって署名されたTPPが、批准の段階になって迷走している。だからといって、日本企業は、対策を先送りにすることはできない。TPPの登場で世界の自由貿易協定は複雑化し、活用の難易度は一段と高まる。批准されてから準備していては、海外の競合に後れを取るのは避けられない。書面1枚で巨額の利益が消えかねないTPP時代。その本当の怖さを解説する。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り9625文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。