東芝の米原子力子会社で、CFO(最高財務責任者)が「チャレンジ」を求めていた。内部資料によると、今年6月に東芝会長に就任する志賀重範氏もその事実を認識。2600億円を減損処理したが、原子力に対する強気の姿勢は不正会計前と変わらない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8886文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。