参院選対策の色彩が強いとはいえ、ようやく動き出した待機児童問題。だが付け焼き刃の対策では、ほころびは覆い隠せない。保育制度そのものを抜本的に見直すべき局面が来た。