閑古鳥が鳴く店内、時代遅れの外観。だが、潰れそうで潰れない──。 街でそんな店を見かけ、不思議に思った経験は誰しもあるはずだ。 人口が減り、大資本による流通の寡占化が進む中、 目新しい商売をしているわけではない彼らが、なぜ生き残っているのか。 そこには、成熟極まる市場で事業を永続させるための新しい経営モデルが隠されていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り8264文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「SPECIAL REPORT」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。