スー・チー氏を中心とした新政権が誕生したミャンマーで、日本企業が攻勢を強めている。インフラや政治体制など投資リスクは大きいが、その先には未開の市場が待っているからだ。